オススメリンク

花嫁のための二次会ドレスを探すなら【二次会ドレスレンタルショップBEST5】
格安で買えるドレス通販サイト◆ドレスチャンネル
二次会などで着用するパーティードレスをお探しの方はこちらの通販を利用しましょう。デザインも豊富にそろっているので、あなたにぴったりの商品が見つかりますよ。
ドレスブランドとして有名なお店@Andy
安くてカワイイandyドレスはこちら@Andy

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お色直しの回数

パーティー風景

結婚式や披露宴でしか着ることのないウェディングドレスやカクテルドレスなど、出来れば何回も着たいですよね。

どうすればお色直しの回数を増やすことができるかというと、挙式から披露宴、二次会まで同じ会場で行うという方法があります。
会場は、1日1組限定としているところや、貸し切りにできるレストランなど、また持ち込み料が無料または安いところを探すというのもポイントです。
柔軟に対応してくれるスタッフがいること、ウェディングプロデュースの経験あるところというのも重要です。
ウェディングドレスは、挙式と披露宴の入場で着た後、お色直しをして、今度は二次会の入場で再び着るのです。
この時、ウェディングドレスはブーケや小物アイテムを変えたり、アレンジできるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

しかし、披露宴や二次会で何度もお色直しをするとレンタル料金がかなり高額になってしまいます。
そこで、お色直しのドレスのうち、何着かはインターネットなどの通販で購入してしまうのです。
そうすることで、かなり低価格にすることができます。

ただし、ウェディング向けのカクテルドレスなどは返品不可のものが多いので、購入してからの体型の維持や画像と実物の色や雰囲気がイメージと違うということに注意しなければいけません。
二次会も披露宴と同じくらいのことをすれば、挙式や披露宴に出席していないゲストを喜ばせることができますし、自分自身も多くのドレスを着ることもできて楽しむことができます。

二次会

夜のパーティー

人は結婚を決めるとだいたいの人が行うのが結婚式です。
結婚式は、自分達の為だけではなく、今までお世話になった両親や友達などに結婚したことを知らせるために行います。
結婚式の準備はまずカイジョウヲ探したり見つかったらお料理を決めたりと決めることなどがとても多く準備がとても大変ですが思い出に残る結婚式にするために何回もいろんなことをウェディングプランナーと話し合い決めていきます。
また、新婦は今までで一番綺麗な姿を見て貰うためにエステに行ったりいろいろな体の準備もします。

また、女性の憧れでもあるウェディングドレスを着ます。
ウェディングドレスは一度は着てみたいという女性がとても多いです。
お色直しをしていろいろな種類のウェディングドレスを着る新婦さんも多いです。

また、結婚式中で出てくるウェディングケーキも楽しみの一つです。
新郎新婦の初めての共同作業というように言われています。

結婚式の後に、仲のいい友達などと行うのが二次会といいます。
二次会でも来てくれる人も新郎新婦もドレスを着たり綺麗な格好をして参加します。
二次会では結婚式で出来なかったゲームや余興などを行い楽しい時間を過ごします。
二次会はだいたい夜くらいに開かれることが多いため結婚式に仕事などで参加することが出来なかった人も参加してくれることが多いです。
新郎新婦だけじゃなく、二人のために集まくれた人達も楽しめるような感動できるような会にすることが大事です。

必要なドレスとは?
多くの女性が、普段あまり着ることのないドレスを着用するのがウェディングと二次会です。ドレスと一括りにしていますが、着る人の立場や時間帯、状況などによって様々な違いがあります。
花嫁本人であれば、ウェディングドレスと言われ、色は白系のものを選択することになります。
招待客としてであれば、式と披露宴から参加するのか、二次会から参加するのかによって選択するものが違ってきます。

ウェディングドレスは、レースやフリルにリボンをたくさん使った贅沢なものから、装飾のほとんどないシンプルなものまで、様々な花嫁の意向に沿うことが出来るようデザインされています。
形もAラインやマーメイドなど様々で、妊娠中の女性にも対応出来るものもあり、有名人がデザインしたり、花嫁本人や友人が作成したりすることもあります。ベールや手袋と一緒に着用するのが一般的です。

招待客として披露宴に参加する場合、本来ロングドレスにつま先の見えないパンプスが正しいのですが、最近ではウェディングの形態も変化し、服装に対しても緩くなり、過剰な露出や白系でなければ、大抵の場合特に問題視されることはありませんが、ファーを身に着けていたり、全身黒のコーディネートなどは、年長者からマナー違反として見られ、本人だけでなく招待した人に対して恥をかかせる事もあります。
しかし二次会は開始時間も遅く、披露宴よりくだけた雰囲気で行われるためか、少しの露出や赤や黒などの派手な色でも問題なく、最近では居酒屋で二次会をすることもあり、ジーンズで参加出来ることもあります。

金銭的な負担を考え、レンタルも含めて状況に相応しいドレスの着用が、求められています。